読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おきよのシェイミEXで焼肉!

メモであったり備忘録であったり。時々ポケモンについて書きます。

【WCS / アローラダブル】ZポリゴンZ+ウインディ レヒレ カミツルギ【ポケモンSM S1 WCSレート使用構築】

ポケモンSM WCS2017

こんにちは、おきよ と申します。

 ポケモンサン・ムーンの新環境ということでシーズン1のWCSレート(アローラダブル・WCS2017レギュ)に真面目に潜っていました。

 

 もともとダブルバトルに造詣が深いわけではありませんが、自分の考えをまとめてみたのでよろしければ最後までお付き合いください。がっつり書いたので結構長文です。

 

f:id:okiyo0328:20170117212613p:plain

 

【1.概要】

 もともとセジュン氏の構築(→*1)を回していた時に、ポリゴンZのスカーフがかなり警戒され守られて意外に動きにくかったこと、ポリゴンZが守りたい場面が多かったことから、当初ZテクスチャーポリゴンZを使ってみようと考えた。プテラをサポート役にした構築を考えていたが、そのときサブウエポン(冷凍ビーム)を切って破壊光線にすれば、(1)Zテクスチャー電気で積む動きと(2)(スカーフではないものの)上からZ破壊光線+破壊光線で縛る動きの2種類を試合ごとに相手に合わせて使い分けることができるのではないかと考えたのがこの構築の発端である。

 加えて、前述の構築で強さが分かったウインディ・カプレヒレ・カミツルギを軸に構築した。これらの型も元記事とは全く別のものになっている。

 各ポケモンの採用理由については詳細解説にて。

 

【2.全体像】

f:id:okiyo0328:20170118214704j:plain

↑ errata:トリトドン ねっとう→だくりゅう

 

 

【 3.詳細】

f:id:okiyo0328:20170118221651p:plain

ポリゴンZ @ノーマルZ
10まんボルト / はかいこうせん / テクスチャー / まもる
173-x-90-175-95-156
おくびょう H100 C156 S252
 
・S:最速
・C:Zはかいこうせんで175-150カプ・レヒレ確1(目安)
 
 この構築のコンセプトを担う鍵、ハイブリッドZポリゴンZ。相手にスカーフかZか判断を迫らせるポケモン。わざ構成は割と独特であるが、前述のとおり「ノーマルZ」を2通りのプランから選択できるというものになっている。
 (1)Zテクスチャー(電気)
 (2)Zはかいこうせん(ウルトラダッシュアタック:一致威力400)+はかいこうせん((2)のプランを取ることの方が圧倒的に多くなった)
 配分に関しては、このポケモンが場に残ることが重要であるため、申し訳程度であるが過剰なCを耐久に回した。
 遅いポケモンを破壊し、こちらの裏のポケモンを通す(重くする)ことで1:1交換以上のアドバンテージを得ていきたい。また相手からしてもこのポケモンを場に残すことは許されずヘイトを集めやすいため、「まもる」で横の行動を通す動きもこの型のポリゴンZの強みと言える。
 
 横に並べるポケモンウインディ・カプ・レヒレ・カミツルギのいずれかであり、ポリゴンZを選出する際は圧倒的な出し負けにならない選出を意識する。特に中速以下が多い構築には非常に有利であるが、早いポケモンが多い並びに出せないのが弱みなので選出は多いわけではない。
 
 

f:id:okiyo0328:20170118221758p:plain

特性:いかく
175-177-101-x-102-137
いじっぱり H76 A244 B4 D12 S172
 
・H:16n-1 D:偶数
・S:同じ調整のウインディ+1
 
 最強の威嚇枠として信頼のおけるポケモン。電気打点+しんそくが必要であったため物理型に決定。Z石の枠が空いてなかったため何も持たせるか悩んでいたが、この記事(→*2)からチョッキじならし型を採用しようと考えた。全体的に中速に固まった並びであるため「じならし」によるS操作はマッチし、ポリゴンZ「まもる」から縛りを逆転させる動きも可能にした。
 
 使用率も非常に高いがために、同族意識でSはよくある同じ調整のウインディ+1に調整。特殊最速と思われる型以外に抜かれることは少なく、ある程度有効であったと思われる。対テッカグヤやしんそくのダメージ重視でA振り。
 
 

f:id:okiyo0328:20170118221851p:plain

カミツルギ @クサZ
特性:ビーストブースト
リーフブレード / スマートホーン / かわらわり / みきり
135-223-152-x-66-171
ようき H4 A172 B4 D116 S212
 
D:
・C147カプ・コケコの珠 10まんボルト109〜130
・C133キュウコンのふぶき+霰2回耐え
ポリゴン2 C+1れいとうビームをC146以下なら確定で耐える
S:最速ウツロイド+1
HB余り:スカーフA特化256カミツルギの聖剣の乱数を2つずらす(1/16)
 
 個人的MVPであり選出率はポリZなんかよりずっと高い。
 レヒレと並べてウインディバックを牽制しつつ等倍以上でクサZを通したい。テテフに対する鋼打点、聖剣の代わりに呼びやすいキュウコンの壁展開(+カビゴンでの詰ませ)に対するかわらわりを採用。ポリ2に困らない構築であるため、カミツルギに半分入れば威力は充分である。キュウコンは呼びやすい構築であるためこの枠はこれで正解であった。最速取っていないのはそれに矛盾しているように見えるが、キュウコンとの同速勝負よりも特殊の一致半減・不一致等倍を十分耐えるDの保障を優先したためである。
 レートではいろいろなポケモンが火を噴いてきて勉強になった。
 
 

f:id:okiyo0328:20170118221917p:plain

カプ・レヒレ @こだわりメガネ
特性:ミストメイカー
だくりゅう / マジカルシャイン / ムーンフォース / くろいきり
175-x-135-154-150-115
ひかえめ H236 C196 S76
 
C:11n
S:準速61族+2、同族意識
S172以下を「じならし」1回で抜ける(ウツロイド・ガブリアス意識)
 
 耐久と全体火力を兼ねそろえた流行りの眼鏡レヒレ。
 「マジカルシャイン」で拘ると鋼が出てきて困る場面も多かったので基本的に「だくりゅう」を通していく。ガブリアスを落とすための「ムーンフォース」は必要であったが水単体攻撃の枠は全く打たなかったので、申し訳程度のギミックメタとして「くろいきり」を採用している。
 
 ミストフィールド上で戦う場面が多く、追加効果を気にしなくて良い点が精神的にもやさしく快適に試合ができた気がする。わざ外しを除けば運負けの少なかったように思える。
 
 

f:id:okiyo0328:20170119212432p:plain

ガラガラ @ふといホネ
フレアドライブ / シャドーボーン / ホネブーメラン→みがわり / まもる
159-121-131-x-123-73
いじっぱり H188 A164 B4 D92 S60(しんちょうでも実現可)
 
S:4振り50族+2
H:16n-1
D:C147カプ・コケコの珠マジカルシャイン27~31<みがわり39
 
 いろいろ迷走した枠。対コケコ・ライチュウ要員となり、ポリゴン2に弱くなく炎打点を持つポケモンとして採用した。
 
 配分やわざ構成についてはシングル用の個体を流用したごく普通のもので使っていたが、このポケモンがいてもカプ・コケコがかなり選出されることが分かったので、それを起点にする「みがわり」を入れてみたところ思ったより感触は良かった。もともとこの枠はカミツルギに負けない必要があり、水2体とミラーに弱い型のカミツルギを使っているこちらとしては、カミツルギ対面でも「みがわり」が張れることは大きく、その点では重宝した。
 
 使用感は悪くなかったが、結果論としてはこの構築の地面の一貫を厳しくしてしまった要因であり、信用できずに選出率はやや低いため、この枠については要検討である。
 
 

f:id:okiyo0328:20170118235419p:plain

トリトドン @タラプのみ
特性:よびみず
ねっとう→だくりゅう / れいとうビーム / じこさいせい / まもる
207-x-102-158-102-39
れいせいS0 H164 B108 C236
 
H:16n-1
B:ガブのZじしんの乱数、B=D DL対策(他3体)
 
 トリル下で動けて電気と水にめっぽう強いことで採用した。
 わざ構成については、水わざはカプ・レヒレと同時選出したときにやけどしない「ねっとう」は弱いと思い命中不安ながら命中ダウンも伴う全体わざの「だくりゅう」を選択した。これが意外と読まれることがなく、「よびみず」+炎の並びを崩せたり終盤の「まもる」択を容易に突破できた例もあった。サブウエポンとしてはガブリアスに役割が持てる氷技、詰めに「じこさいせい」を採用。
 
 持ち物についてだが、 カプ・コケコの「マジカルシャイン」やポリゴン2のわざを受ける場面が多いと考え、それを起点に発動でき、詰ませ性能に長ける「タラプのみ」を採用した。ただ、前述のガラガラの「みがわり」採用に伴い、これらに対してはガラガラの方が有効であることに気づいてしまってからその有用性は薄かったと反省している(あと、カプレヒレ同時選出が多いならミストシードで良かったり…)。この枠に関しては記事を書いているときにとある別のポケモンで良いことに気づいてしまった。
 努力値配分については元記事のものを少し防御に振ったものとなっている。
 
 
【4.雑感】
○戦績○
サンムーン シーズン1 WCSルールレーティングバトル 最高レート1930 勝率70%程度 (時間と集中力がなかったと言い訳しておきます)
f:id:okiyo0328:20170119220434j:plain(残っていた途中の写真)(この後いろいろあって無限に溶かした。)
 
○構築の要改善点
・襷トリルウツロイド・トリルミミッキュ
・ポリZより早い追い風展開(主にファイアローガブリアス
・後発ガブにジメンZの一貫を作られないように立ち回るのが難しい点
 
○公開に至った理由
 そこまで高いレートではないのは承知の上だが、
・自分の考えをまとめておきたかったから
・この構築の欠陥が理解でき、その具体的な改善策が思い浮かんだから
・バンク解禁に伴う遺伝わざ解禁によって環境が変わると予想
・自己顕示欲()
・試験期間が近い
 
 
【5.総括】
 本格的にWCSレートに参入したのは、シーズン1終了1週間前でしたが、WCS2017ルールの奥深さをボコボコにされながらも味わうことができました。今回使用した構築も並びに比べて中身はちょっと変わったものとなっており、個人的に気に入っております。
 7世代になってトリプルバトルがなくなったのが残念でしたが、WCSルールという面白いルールに出会うことができたのは大きな収穫でした。
 
 S2ではバンク解禁後の環境ということで、シングルやっていきます。
 
 ではまた/

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【6.SD text】


Porygon-Z @ Normalium Z 
Ability: Adaptability 
Level: 50 
EVs: 100 HP / 156 SpA / 252 Spe 
Timid Nature 
IVs: 0 Atk 
- Thunderbolt 
- Hyper Beam 
- Conversion 
- Protect

Tapu Fini @ Choice Specs 
Ability: Misty Surge 
Level: 50 
EVs: 236 HP / 196 SpA / 76 Spe 
Modest Nature 
IVs: 0 Atk 
- Muddy Water 
- Dazzling Gleam 
- Moonblast 
- Haze

Arcanine @ Assault Vest 
Ability: Intimidate 
Level: 50 
EVs: 76 HP / 244 Atk / 4 Def / 12 SpD / 172 Spe 
Adamant Nature 
- Flare Blitz 
- Wild Charge 
- Bulldoze 
- Extreme Speed

Kartana @ Grassium Z 
Ability: Beast Boost 
Level: 50 
EVs: 4 HP / 172 Atk / 4 Def / 116 SpD / 212 Spe 
Jolly Nature 
- Leaf Blade 
- Smart Strike 
- Brick Break 
- Detect

Gastrodon-East @ Maranga Berry 
Ability: Storm Drain 
Level: 50 
EVs: 164 HP / 108 Def / 236 SpA 
Quiet Nature 
IVs: 0 Atk 
- Muddy Water 
- Ice Beam 
- Recover 
- Protect

Marowak-Alola @ Thick Club 
Ability: Lightning Rod 
Level: 50 
EVs: 188 HP / 164 Atk / 4 Def / 92 SpD / 60 Spe 
Adamant Nature 
- Flare Blitz 
- Shadow Bone 
- Substitute 
- Protect

html編集の練習

メモ
目次 (クリックすると選択した箇所までスクロールします)【1】 ■【2】 ■【3】【4】

【1】テンプレート

内容*1

目次に戻る

【2】

目次に戻る

【3】

目次にもどる

【4】

目次にもどる

 

 

ポケモン もちもの 特性 わざ1 わざ2 わざ3 わざ4
ボルトロス きあいのタスキ いたずらごころ 10まんボルト めざめるパワー氷 でんじは いばる
ガブリアス ヤチェのみ さめはだ げきりん じしん がんせきふうじ つるぎのまい
ガルーラ ガルーラナイト きもったま からげんき グロウパンチ れいとうパンチ いわなだれ
ゲンガー ゲンガナイト ふゆう たたりめ ヘドロばくだん さいみんじゅつ みがわり
スイクン ゴツゴツメット プレッシャー ねっとう こごえるかぜ リフレクター ミラーコート
オニゴーリ たべのこし ムラっけ フリーズドライ じしん まもる

みがわり

 
SDテキスト
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Reference

 

 

*1:脚注1 ここにurlを貼ればよい 

【トリプル】バンドリサーナイト

トリプル ポケモンORAS

ポケモンORAS(オメガルビーアルファサファイア)構築記事

【トリプル】バンドリサーナイト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

おきよです。

自分で組んでみて初めて手ごたえを感じたトリプルの構築について書きました。トリプルの経験は浅いですが、それでも最も長い期間使い続けた構築になります。

がっつり書いたのでそこそこ分量はありますが、最後まで目を通してくだされば幸いです。

 

f:id:okiyo0328:20160812184608p:plain

 バンギラスドリュウズ(バンドリ)とメガサーナイトが使いたかったという理由でバンドリサナの3体を軸に組むことを決めた。各ポケモンの採用理由については以下の詳細にて。

 

f:id:okiyo0328:20160913180909j:plain

 

 

【詳細】

f:id:okiyo0328:20160812182746p:plain

サーナイト @サーナイトナイト

特性:テレパシー→フェアリースキン

ハイパーボイス / サイコショック / トリックルーム / まもる

175-63-87-168-136-123 → 175-81-87-212-156-143

ひかえめ H252 B12 C60 D4 S180

 

・H: 16n-1 砂ダメ/HP割合最小

・S: メガシンカ前 準速70族抜き(メガシンカ後90族抜き)

・C: 余り 無振りメガガルーラ確2目安

 

構築の軸として採用。
この構築では、封印する暇があったら「ハイパーボイス」を叩き込んだほうが勝ちにつながりやすいと考え、封印サーナイトではなく2ウエポンの型とした。実際、相手のあからさまなトリックルームに対しては、この構築におけるねこだまし2枚、高特殊耐久2枚の存在から、トリックルームを貼られても慌てずベストなタイミングでトリルを返すことで十分対処できる。
わざ構成としては、コンセプト上「ハイパーボイス」「トリックルーム」および縛り関係を解除する「まもる」は確定。
サブウエポンとしてはニンフィアメガリザードンYを意識したサイコショックを採用。ワイドガードが予想される場面で削られた相手を倒す手段としても十分機能した。
特性は、味方の「じしん」を回避できる「テレパシー」であり、バンギ引きサナ投げじしんの動きを可能にした。

 

 

f:id:okiyo0328:20160812185630p:plain

バンギラス @こだわりハチマキ

特性:すなおこし

いわなだれ / かみくだく / アイアンヘッド / けたぐり

186-204-130-x-120-103

いじっぱりH84 A252 S172

 

バンドリのバン。
鉢巻「いわなだれ」、「かみくだく」で場を制圧していく駒。
基本的にはこの2本で拘るが、ニンフィアを抹殺できるアイアンヘッドまでは確定だと考えている(知名度は高いと思うがかなり決まる)。

準速の配分から、抜きたい相手があまり変わらないという理由からSを削っていった結果、S103にとどめ、少しでも場持ちを良くするため耐久に割いてみた。これより早いニンフィアには遭遇しなかったのでこれで問題ないと思われる。
弱点と耐性がはっきりしているポケモンであるため、初手位置の出し負け、出し勝ちにムラがあるのが難点であった。
また、鉢巻が有名すぎてこちらが「まもる」できないのを前提に立ち回られることが避けられない点が非常につらかった。とはいえ珠がドリュウズにとられている以上、持ち物の融通が利かないのは致し方ないことなのだろう。

 

 

f:id:okiyo0328:20160812185740p:plain

ドリュウズ @いのちのたま

特性:すなかき

じしん / アイアンヘッド / いわなだれ / まもる

185-205-81-x-85-140

いじっぱり A252 S252 B4

・ ASぶっぱ

・B4: 177ガルーラの「けたぐり」乱数が2つずれる(=珠ダメ1回分の生存確率10/16)、194ガルーラの「けたぐり」の乱数が2つずれる(4/16)

 

砂下の高速アタッカー。
先人たちの構築に倣い、バンドリマンダにおいて多く採用されているように打ち分けと「まもる」を可能にする珠とした。

わざ構成についても、「じしん」「アイアンヘッド」「いわなだれ」「まもる」の4つで完結されているように感じた。
よく言われているようにフェアリー耐性は全くないため、先発か後出しのいずれかとなる。

 

 

f:id:okiyo0328:20160812185803p:plain

ファイアロー @するどいくちばし

特性:はやてのつばさ

ブレイブバード / おいかぜ / よこどり / ファストガード

158-133-96-83-90-185

ようき H36 A252 B36 D4 S180

 

・S: 116族(エルフーン)抜き(←最低ライン)

・B: A-1いじガルーラのすてみタックル 低乱1(2/16)、砂ダメ/HP割合小

 

4枠目として、浮いている上フェアリー耐性があり、相手のS操作に左右されずにサポートと攻撃をこなせるファイアローが自然に入ってきた。
第二のS操作であり、上からメガサーナイトと鉢巻バンギラスを通すため、あるいは相手の「おいかぜ」に対抗するための「おいかぜ」、次に味方の全体わざが鍵となることや、相手の「おいかぜ」が予想される場面など、大きなアドバンテージを得る可能性のある「よこどり」を採用。最後に、「ブレイブバード」に弱いサーナイトを守る、相手の「ねこだまし」絡みの択で安定択を発生させる可能性のある「ファストガード」を導入した。

「まもる」や「フレアドライブ」など、他に欲しいわざもあるが、この4つはどうしても外せなかった。

配分に関しては、最速から若干耐久に回してみたが、これで不自由なかった。

 

 

f:id:okiyo0328:20160812185820p:plain

カポエラー @ラムのみ

特性:いかく

インファイト / ねこだまし / フェイント / ワイドガード

157-134-132-x-131-99

・A: H4振りテラキオンサザンドラを「インファイト」で確1 威嚇込みで193-127ヒードランを確2。

・HB:A-1 146珠「ブレイブバード」確定耐え

・S:同じ調整S98のカポエラー+1

〈Reference〉

XYトリプル カポエラーいろいろ - たぶログ

 

5枠目としてここまでで不足している威嚇要員、「ねこだまし」要員、「ワイドガード」要員として便利屋カポエラーを採用。詰め込み感は否めないが、実際バンドリやサーナイトの補完・補助としてはこの枠はとてもしっくり来る。
わざ構成としては「ねこだまし」「ワイドガード」の次に相手の「ワイドガード」を割るための「フェイント」。壁よりもガルーラとヒードランへの打点を優先したい点から格闘わざは「インファイト」となった。
配分に関しては、最もベーシックな配分の一つを拝借し、Sがそれを抜く調整とした。

 

 

f:id:okiyo0328:20160812185843p:plain

ルンパッパ @とつげきチョッキ

特性:すいすい

ねっとう / エナジーボール / こごえるかぜ / ねこだまし

159-81-91-137-122-134

おくびょう H28 B4 C212 D12 S252

 

6枠目として必要なのは水耐性であり、バンドリマンダにおいてはよくモロバレルが採用されている枠であるが、今回はトリルによる切り返しの可能なサーナイトが入っているため、それよりも味方のサポートと打点としての役割の両面を担えるポケモンを探した。(その他バレルやミロカロス、瞑想スイクンなどを試した)


その結果、第二の「ねこだまし」要員であり、雨パへの強力なカウンターとしてルンパッパを採用。この枠のおかげもあって、雨絡みの構築への勝率はかなり高いものとなっている。(あと、カポとルンパのステップが同じリズムでこいつら仲良さそう)


わざ構成としては、命中と追加効果を重視した「ねっとう」、耐久水への打点を重視した「エナジーボール」、第三のS操作として「こごえるかぜ」を採用。中速が多いこの構築においては、「こごえるかぜ」で縛り関係を一気に逆転できる場面は多く、かなり有用だった。

もともとは控えめで運用していたこのポケモンだが、そもそも火力が足りない点、計算した結果、無補正でも役割対象には必要なダメージが入った点から最速へと変更した。これにより、①順速70族(S122)の超激戦区及びそれ抜き調整の多くのポケモンの上から確実に「こごえるかぜ」や火傷狙いの「ねっとう」を通すことができる、②初手ルンパルンパ猫を可能にし、中央のメガサーナイトを通す動きができるという2点のメリットを得る。

 

 

【選出・動き】

主な初手の出し方。あくまでこう出すことが多かったというだけなので参考までに。

(1)f:id:okiyo0328:20160812185803p:plainf:id:okiyo0328:20160812182746p:plainf:id:okiyo0328:20160812185843p:plainorf:id:okiyo0328:20160812185820p:plain

(2)f:id:okiyo0328:20160812185630p:plainf:id:okiyo0328:20160812185740p:plainf:id:okiyo0328:20160812185803p:plain

(3)f:id:okiyo0328:20160812185630p:plainf:id:okiyo0328:20160812185740p:plainf:id:okiyo0328:20160812185820p:plain

(4)f:id:okiyo0328:20160812185630p:plainf:id:okiyo0328:20160812185820p:plainf:id:okiyo0328:20160812185740p:plain

(5)f:id:okiyo0328:20160812185803p:plainf:id:okiyo0328:20160812185740p:plainf:id:okiyo0328:20160812185843p:plain

 

・基本は(1)(2)。バンドリが出せるかサナが出せるかをまず考える。

・対ガルーラスタン:相性的に不利、出し負けた時の立ち回りがシビア。アロー・ドリュを切り気味に動かすなど。ガルド-ニンフには(2)、他は柔軟に。

・対トリル:ねこだまし2枚とトリル返しの手段により、トリルを敷かれても切り返しが効くことが多く有利。むしろサマヨのトリルを止めるのは難しいので序盤はトリル役以外を削って数を減らす動きが効果的。

・対雨パ:かなり有利。サナの通りがいい時は(1)、トノルンパクレッフィゴチルクチートには初手ドリュウズの(5)。クレッフィ対面ではよこどり、また相手はルンパでドリュやサナを止めるしかないのでルンパルンパ猫を決めてこれらを通す選択肢もある。

・対エルテラドー:初手は(4)。動きは伏せておく。

 

 

【Reference】

【トリプル】メガサーナイト+バンギラスドリュウズ+突撃チョッキギャラドス【勝率70%】 : 喰い断Ⅸさんのポケモン生活

 

 

【最後に】

・S15/S17使用 最高レート1830

・PCL関西予選 1-0

 

トリプルバトルは始めて日が浅いこともあり、まだまだプレミや甘い動きが多く、明らかな経験不足を実感しました。

同時にレートやフレ戦、通話などから学べることが多く、トリプルバトルの面白さ(おそらく氷山の一角に過ぎないでしょうが)を感じることができました。

 

第7世代でもトリプルバトルが存続することを願っています。

 

ではでは

 

 

 

 

 

【結果記事】 第1回ポカブオフ

ポカブオフ ポケモンカード

どうもおきよです。

記事は先週に書いたものの、公開するのをすっかり忘れてました( )

 

遅くなりましたが、

この記事は先日7/2(日)に開催されたポケモンカード交流オフ「第1回ポカブオフ」の結果まとめになります。

【ポケモンカード】第1回ポカブオフのお知らせ【要項・募集記事】 - おきよのシェイミEXで焼肉!

 ↑ 予告詳細記事はこちら

f:id:okiyo0328:20160607212413g:plain

初の個人開催のオフでしたが、参加申請は1時間半でキャンセル待ちに突入するなど予想を上回るリアクションがあったようでありがたい限りです!!

当日も枠増員した結果25名の方に参加いただきました!

ありがとうございます。

 

結果発表も含めていろいろ振り返っていきます。

 

会場はだいぶアクセスが悪い場所ではありましたが、カーペット敷きの部屋を取れたのは正解だったかなと。(カードが落ちても安心なのと地べたでプレマ引いて対戦することもできますし) 机の個数が若干少なくて窮屈だった点は申し訳ないです。

 

まずは自己紹介をしてからメインイベントのトーナメント大会を行いました。

これは参加任意だったのですが22人もの方が参加されるということで急遽大会形式をスイスドローシングルエリミネーションに変更させていただきました。

 

 大会の結果はこちらです!

 

参加者22名

予選:スイスドロー5戦

決勝トーナメント:シングルエリミネーション

 

優勝:コウタロウさん

  使用デッキ:ジガルデEX+ラフレシア

 

準優勝:ヨーセイさん

  使用デッキ:ボルケニオンボルケニオンEX

 

ベスト4:ジンさん

  使用デッキ:ゲッコウガBREAK

 

ベスト4:アンペアさん

  使用デッキ:ダークライEX+ギラティナEX

 

おめでとうございます! 

ベスト4以上の方にはささやかな景品も贈呈させていただきました。

(※上位入賞者の方の中でデッキレシピのURLなどをここに載せてもいいという方がいらっしゃいましたら、一言くださればブログやツイートのURLリンク等貼らせていただきます)

 

そのあと予定を変更させていただき、時間を決めて勝ち数で競うサブイベントを実施しました。結果は次のとおりでした。

 

1位:ろはすさん  5勝

2位:いとさん   4勝

3位:あおいさん  3勝

 

 

あとトレード募集板も大好評でしたね!

会場内の雰囲気も良く、皆が和気あいあいとポケモンカードに没頭する様子が見受けられました。ポケカ交流オフとしての目標も十二分に達成されたかなと思っています!!

 

 

というわけで

第1回ポカブオフはおかげさまで無事に終了しました!

帰り際に、楽しかった、次回も行きたいというお声をたくさんいただいたのはありがたい限りです。

第2回はまた需要の声が高まってきた時期にやりたいですね。

 

最後になりましたが、参加者の皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました!

第2回があるようなら、是非ともまたよろしくお願いいたします!

ではまた~

  

f:id:okiyo0328:20160712212653g:plain

 

 

 

 

 

【ポケモンカード】第1回ポカブオフのお知らせ【要項・募集記事】

ポカブオフ ポケモンカード
第1回ポカブオフのお知らせ
 
京都大学ポケモンサークル会長のおきよと申します。今回は新しいイベントのお知らせです。
 
少し前からジムバトルや店舗大会とは違った、交流メインのゆるめなポケモンカードオフがあったらいいなあと個人的に思っていたところ、多くの周りの知り合いに賛同をもらったため、
また私自身や身内のポケモンカードモチベが高いのもあって、個人で開催するに至りました。
 
みんなでワイワイとポケモンカードで遊びませんか?という趣旨のオフです。
 
ちなみに「ポカブオフ」という名は、ポケモンカード部、略して”ポカ部”に由来しています。
 

f:id:okiyo0328:20160607212413g:plain

 
ーー要項ーー
第1回ポカブオフ
 
 6/20 20:03【更新】
定員を20人→25人に増員しました。キャンセル待ちの参加希望者の方にできるだけ多く参加していただくための措置になります。これ以上の増員はありません。ご了承ください。
 
◇概要◇
 
【趣旨】ポケモンカードを通した交流
 
【日時】7/2 (土)  12:30 〜 19:00
 
【会場】京都市左京東部いきいき市民活動センター  会議室3
 
【集合・アクセス】会場の部屋に12:30集合とします。遅刻する場合はあらかじめ運営にご連絡ください。
 左京東部いきいき市民活動センター (〒606-8432 京都府京都市左京区鹿ケ谷高岸町3−2) 左京東部いきいき市民活動センターTOP
京都市バス 東天王町 バス停より徒歩5分

f:id:okiyo0328:20160607191708g:plain

 
【定員】20名 →25名  ※6/20 更新 増員しました。
 
【参加費】200円
 
【運営】
主催:おきよ
副主催:へに
スタッフ:みい、ittkn
 
【オフの内容】
(1) トーナメント戦
(2) フリー対戦スペース
(3) デッキ相談コーナー
(4) トレード板
・その他、希望者にデッキ貸し出し
 
 
◇参加申請について◇
 
・当オフへの参加には事前の参加申請が必要です。
・参加希望の方は必ずこのオフの要項を最後まで読んでからこの記事のコメント欄に以下のテンプレートを貼り付けて必要事項を書き込んでください。ただし、以下の参加申請期間に申請されたコメントのみを受け付けます。期間外の申請はいかなる理由があっても受け付けません。
・連絡を取る手段としてTwitterを用います。
・定員は20名です。参加申請の先着順に受け付けます。定員以上の参加申請があった場合キャンセル待ちとなります。
・参加希望者の方はこの下の【参加申請受付リスト】に反映されているかどうかご確認ください(不定期更新)。
・キャンセルの場合はHNとキャンセルの旨をコメント欄にお書込みください。キャンセルも以下の参加申請期間にのみ受け付けます。
 
<参加申請期間>
6/9 (木)21:00 ~ 6/30 (木)23:59
・期間外の申請はいかなる理由があっても受け付けません。
 
<コメント用テンプレート>
・HN(ハンドルネーム)
・TwitterID
・デッキの貸し出し 必要or不要
・一言
 
【参加申請受付リスト】
(上から先着順、★はデッキ貸し出し希望者)
最終更新 7/2 7:01  (現在28名)
参加申請・キャンセル申請は締め切りました。
 
とりサン
EFTA
ジン
えどげいん  ★
みかん  ★
太眉
律輝
タピオカ  ★
PSY
 
うさぎ
シュン
コウタロウ
アンペア
ゆうじん
ろはす
ミラ
いと
まかうす
 
ヨーセイ
りいむ
りぺ
にょろわーる  ★
コウイチ
しょーない
 
ー以下キャンセル待ちー
 
邦夫
ぶ〜す
 
 
 
◇詳細◇
 
【(1) トーナメント戦(2回)】
 
・トーナメント形式の大会。当日その場でトーナメント戦の参加希望者を募ります。オフ中2回(時間があれば3回)のトーナメントを行う予定で、参加は任意とします。(2回とも参加、1回だけ参加などは自由)
 
・XYレギュレーション60枚デッキ、スタンダードサイド6枚制、1本先取。
・デッキ変更不可。ただし、トーナメント大会ごとに変更は可能とします。
ポカブオフにて貸し出します 貸しデッキでの参加も可能とします。
 
・禁止カード等は公式に準拠します。
・外語版のカードは使用不可とします(対戦相手がテキストを確認し辛いため)。
・スリーブの使用を推奨します。2重3重スリーブ可。(ただし山札の厚みを考慮して4重以上は原則禁止、運営に要相談)
・プロキシ可、ただし下記の条件を満たすこと
 ①裏面・側面からの外見、および感触で他カードと判別がつかない
 ②対戦相手が全てのテキストを確認できる
 
・1試合30分、5分前にコール
サイド同数でじゃんけん(引き分け無し)
 
<対戦時間終了時の取り扱い>
・対戦時間終了後のワザ・特性の宣言は無効。
・終了コール時点で宣言を始めているワザ・特性の処理を終えてから対戦終了。
・終了コール時にポケモンチェックであった場合はポケモンチェック終了後に対戦終了。
 
<その他対戦に必要なもの>
ダメカン・コイン(必須)、プレマ(任意)
マーカー(毒状態になる可能性があるデッキを用いるなら必須、それ以外は任意)
 
 
【(2)フリー対戦スペース】
 
・手が空いてる人がここで対戦相手を見つけてポケカするためのコーナー。いろいろなデッキでいろいろな人と対戦して、交流を深めたり対戦経験を増やしたりしましょう。常設のスペースですので、トーナメント戦に参加しない人も自由にこちらで楽しむことができます。
 
・XYレギュレーション推奨(他ルール(BW以前等)が希望の場合は宣言して対戦相手を募る)
・使用デッキ、時間等制限無し
・ジャッジが必要になったとき、裁定に自信がない時などはお気軽にスタッフを呼んでください。
・プロキシ可、ただし下記の条件を満たすこと
 ①裏面・側面からの外見、および感触で他カードと判別がつかない
 ②対戦相手が全てのテキストを確認できる
・ダメカン・コイン・マーカー・プレイマット(任意)(ある程度はこちらでも用意いたします)
 
 
【(3) デッキ相談コーナー】
 
・デッキのレシピをスタッフと相談できるコーナーを設けます。希望者の方はお気軽にお声かけください。
・初心者の方も大歓迎です。その場での対戦も可能です。
 
 
【(4) トレード板】
 
・参加者どうしでトレーディングカードゲームの醍醐味でもあるトレードを実現させる一助になればという目的で設置します。
・ホワイトボードか黒板に欲しいカードを書いておき(枚数、値段等任意)、書かれたカードをトレード・販売が出来る方はスタッフまで申し出てもらいます。需要と供給が一致すればトレードが成立。
・トラブルを防ぐため必ずスタッフを介して行います。
・手放してもいいカードや余っているカードを持って来たら役立つかもしれません。
 
 
【デッキ貸し出しについて】
 
ポケモンカード始めたばかりで手持ちのデッキが心もとないという方にも気軽に参加していただくため、オフ運営のほうで希望者の方にデッキの貸し出しを行います。
・貸し出しについては原則として参加申請時のみ受け付け、当日の申し出に対する貸し出しには対応できません。あらかじめご了承ください。
・また、貸し出しできるのは参加申請時の先着順で先着5個に限らせていただきます。
・貸しデッキを使用する際はカードの損傷や紛失に気を付けてください。
・貸し出したデッキはオフ終了までに返却してください。その際カードの損傷・紛失が確認された場合は弁償を求めることがあります。
 
◇注意事項◇
 
・会場は公共の施設です。周りの利用者に迷惑にならない行動を心がけること。
・対戦中のマナーにも気を遣うようお願いします。対戦相手への誹謗中傷などオフの雰囲気を悪くする行為は厳に慎んでください。楽しく和気あいあいと対戦・交流しましょう。
 
・カードの取り扱いには細心の注意を払ってください。自分のカードはもちろん、他人のカードも大切に扱うこと。また自分のカードの管理も自己責任でお願いします。具体的には、スリーブの使用、オフに持ち込んだカード(枚数等)を把握しておくことをお勧めします(カードの混入予防:「ヘッドノイザー」などは特に注意)。なお、個人のカードを含む一切の所持品の紛失や損傷については運営は責任を負いません。
 
・水に弱いカードのオフであるため、会場での飲食は禁止にはしませんが、極力避けてください。飲み物の持ち込みはふたを閉められる容器(ペットボトルなど)のみ可能とし、倒れてこぼれる可能性のある缶や紙コップの飲み物の部屋への持ち込みは禁止させていただきます。
 
・オフ運営の都合により、予告なく一部企画が変更になることが あります。またいかなる場合も運営の指示に従っていただきますので予めご了承ください。
 
・当オフに参加される方は以上の要項にすべて了解したものとみなします。
 
・ご質問、ご指摘ございましたらコメント欄にお願いします。
・皆様のご参加お待ちしております。
 
 
 

【シングル】対面構築偽装壁ニンフィアバトン【真皇杯関西予選2使用構築】

ポケモンORAS シングル

 おきよです。ブログ更新も兼ねて今回はひさしぶりにシングルの構築記事を公開します。先日の真皇杯関西予選2で使用した構築になります。

結構がっつり書いたので長文ではありますが、ざっと目を通していただけたら幸いです。

f:id:okiyo0328:20160310192657j:plain

↑配置はこんな感じ。。。 

 

【コンセプト】

バトン搭載バシャーモ入りの対面チックな構築を使っていた時に、これに壁バトンのギミックをハイブリッドしたら面白そうだと思ったのがこの構築の原点である。バトンと言っても最近流行りの加速1積みをスイクンボルトロスにバトンするのではなく、ニャオニクスバシャーモガルーラ(エーフィ)のように壁要員+バトン要員+全抜き要員で構成したいわゆる壁バトンのギミックを偽装できないかと考えた。そこで壁はり要員として採用したのがニンフィアである。

 

ニンフィア自体は1年前くらいに一時期使っていたことがあったが、クレッフィニャオニクスライコウといった壁はり要員に比べて展開する上の障害が多く、運用が難しかった(要するに弱かった)。

そこで今回は、最近の対面構築を偽装することで、バトン展開を阻害する一部のポケモンを抑え(何より意表がつけるという文句がこのコンセプトを貫く上で非常に都合が良い)、バトン選出ができないパーティに対しては幅広い相手をカバーできる高スペックポケモンで対応できるということに気づき、この構築を組むに至った。

 今回はいわゆる厨パ(ガルーラガブリアス・ゲンガー・ボルトロススイクンバシャーモ)のスイクンの枠をニンフィアに変更した並びを使用した。

ニンフィアバシャーモガルーラを表選出とし、バトンが選出できない場合にボルトロス・ゲンガーを軸とした汎用性の高い裏選出を用意。実際には裏選出には表選出に特化したニンフィアバシャーモ以外の4体から選ぶことになる。

 

f:id:okiyo0328:20160310152950p:plain

 

【個別詳細】

(採用順に紹介します)

f:id:okiyo0328:20160310153314p:plain

ニンフィア @ ひかりのねんど

特性: フェアリースキン

ハイパーボイス / あくび / リフレクター / ひかりのかべ

 201-x-121-130-150-89

ずぶとい H244 B196 S68

 HB:A182ガブリアスのじしん96.04%で2回耐え=A200鉢巻ハッサムバレットパンチ確定耐え

 

この構築の最大の地雷枠にしてパーティ全体のギミックを通すための始動役。

1年前くらいに壁バトンを考察していた時期があり、その時に御蔵入りとなったニンフィアを思い出して採用した。

このポケモンを採用した理由は、

1.何より意表がつける。もっと説得力のある言い方をすれば、バトン展開を阻害するポケモンの多くを選出抑制することができる」という点である。

2.同時に、選出画面上高火力のフェアリー枠に見えるので、バトン展開の起点となる鋼ポケモンなどを選出誘導できる。

3.スタンを偽装できる(今回は対面寄りの構築に偽装)。

4.十分な耐久力によりほぼすべてのポケモンの対面で仕事ができる。

5.「あくび」による起点回避が可能。

6.フェアリースキンによってある程度の火力を確保することができ、フェアリーとして最低限の仕事もできる。

 

1、2の選出誘導に関してはデメリットもあるが、それについては後述。

配分としては、実際に特殊アタッカーを相手にする機会はゲンガー以外にほとんど無く、H201-D150ラインで特に困らないため、HBに厚い黄金のH201-B121ラインを採用。残りは60族に確実に先制するためにSに振っており、実戦ではその恩恵を多く受けられたように思える。(H159調整のギルガルドと同速になってしまうのが実に惜しい) (脚注※1)

運用としては相手の攻撃に合わせて壁を張り、そのまま捨てるorバシャーモに素引き。一部の高火力ポケモン以外には2回壁を張ることができる。

危険な積みアタッカー(剣舞ファイアローリザードンXなど)に対しては(ラムだろうと)2ターン目は「あくび」で流すことも考える。

有利対面が取れた場合、裏のポケモンが安易に読めている場合(ギルガルド交代)は優先的に「リフレクター」から入る。又、こちらからすれば壁ターンの消費が最も痛手なので、数ターン先まで考えながら強引にバシャーモを投げる動きもたびたび行う。

 

HB

A182ガブリアスのじしん96.04%で2回耐え

A200鉢巻ハッサムバレットパンチ/A222ギルガルドアイアンヘッド確定耐え

A194メガガルーラすてみタックル確定耐え

HD

C192メガルカリオラスターカノン/C222メガゲンガーヘドロウェーブ確定耐え

 

f:id:okiyo0328:20160310153813p:plain

バシャーモ @ じゃくてんほけん

特性: かそく

ビルドアップ / まもる / バトンタッチ / ほえる

183-x-122-x-90-116

 ずぶとい H220 B164 S124

HB:B+1でA146鉢巻ファイアローブレイブバード高乱数耐え

S:+1で最速105族抜き抜き、+2で意地スカーフガブリアス抜き

 

ギミックの中核、壁バトン用のバトンバシャーモ。壁下ビルドアップで脅威の物理耐久力を生み出す。

調整は有名な配分から拝借した(脚注※2)

壁下ならば弱点わざを一回は耐えることを利用して「まもる」「ビルドアップ」を積む。積む順番、タイミングは壁ターンを考慮しながら、最終的なランクの状態を計画しながら慎重に行う。

「ビルドアップ」「バトンタッチ」は確定で、ガブリアスランドロスを意識した「まもる」。4枠目にはガルーラボルトロスへの打点を入れるか悩んだ結果「ほえる」を採用した。「ほえる」は壁ターン消費を狙って積みわざを使ってくるポケモンを流すだけでなく、バトン構築を「ほえる」「ふきとばし」で見ている相手を返り討ちにすることができる。具体的には、バシャーモを見て必ずと言っていいほどカバルドンスイクンに交代されるので、すかさず「ほえる」を押すと同じ優先度の上を取って流すことができる。ねっとうやじしんが選ばれた場合は軽く耐える上弱点保険が発動、「あくび」された場合は次のターン「バトンタッチ」すればあくびの効果はなくなる(※「あくび」の効果はバトンタッチによっては引き継がれない)。又、バトンする対面を操作するのにも使え、壁バトン構築には非常に有用なわざだと感じた。

 持ち物は「じゃくてんほけん」「ラムのみ」が候補だが、今回はファイアロー対面で強引にバトンできるじゃくてんほけんを採用した。

 

f:id:okiyo0328:20160310153832p:plain

ガルーラ @ ガルーラナイト

特性: きもったま → おやこあい

おんがえし / じしん / いわなだれ / みがわり

 197-159-100-x-100-128 → 197-192-120-x-120-138

いじっぱり H132 A236 S140 (みがわりのHP:49)

S: +2で最速スカーフガブリアス抜き抜き

H: B+2壁下でA194メガガルーラすてみタックルが40~49

 

先述のバシャーモのビルドアップ、加速のバトン先として採用。構築のコンセプト上相手をこのポケモン1匹で3タテすることになる。

採用理由は単純に強いからというわけでなく、

1.2回攻撃によるタスキ、がんじょう、みがわり貫通

2.十分な耐久力&わざ範囲

という性能を買って採用に至った。

全抜きするという観点で、このわざ構成で完結しているといっても過言ではない。+2でワンパンするためのおんがえし、鋼への非接触打点としてじしん、この2ウエポンを補完し、火力が足りない場合に51%で突破できるいわなだれ。そして、でんじはやおにびを透かし、クレセリアナットレイ対面で安定となるみがわり。「からげんき」も候補だが、おんがえしでないと困る場面も多い。

Sは大方のスカーフが抜けるラインまで振り、突破力を上げるためにA振り。この程度Hに振るだけでビルド2回、壁下でA194ガルーラすてみタックル程度ならみがわりが残るようになる。ビルド2回+壁で物理耐久が単純計算で4倍になるので、素の状態でメガガルーラがワンパンされない物理攻撃ならみがわりの起点にすることが可能。

実際、このポケモンで3タテするのが気持ちいい。

裏選出としても、みがわりを搭載したHAベースのガルーラとして選出できる。配分がバトン先を想定している以上、実際のところ若干の汎用性・単体性能を削いでいるものの、裏選出の選択肢としては信頼できるポケモンであった。

 

f:id:okiyo0328:20160310153355p:plain

ゲンガー @ ゲンガナイト

特性: ふゆう → かげふみ

 たたりめ / ヘドロばくだん / さいみんじゅつ / みちづれ

147-x-89-162-96-178 → 147-x-109-202-116-200

おくびょう H92 B68 C92 D4 S252

HB:A200ガブリアスげきりん最高乱数切り耐え

HD:C155ゲッコウガあくのはどう確定耐え

 

選出操作、構築の偽装、裏選出のエース。初手、あるいは後述のボルトロスと合わせてたたりめで突破をはかる。「さいみんじゅつ」の採用は、バトン選出ができない場合、この構築の特性上ニンフィアバシャーモ以外の4体で相手のポケモンを見ることになるので、倒せる範囲を大幅に広げるためのもの。例えばカバルドン展開(カバ単体ならバトン選出できるが、それに加えて無理な相手がいた場合)には積極的に催眠ゲーを仕掛けることになる。

「みちづれ」は裏のガブリアスガルーラの一貫を作る、ガルーラゲッコウガと1対1交換を狙うのがこの枠の仕事なので切れなかった。構築全体で害悪処理に乏しいため「ほろびのうた」も一考。

構築に入っているとHDアロー、ボルトロスを読んでしまうのが欠点だが、このポケモンによって表選出しやすくなっている面もあるので一長一短。

 

f:id:okiyo0328:20160310153452p:plain

化身ボルトロス @ きあいのタスキ

特性: いたずらごころ

10まんボルト / めざめるパワー氷 / でんじは / いばる

155-x-90-177-100-179

おくびょう C252 S252 H4 (※当日にはB28(実数値89)の非理想個体を使用)

 

選出誘導兼裏選出の基幹。ストッパーの役も兼ねるCSタスキボルト。先述のゲンガー同様、広い範囲の相手を限られた駒で突破するために「いばる」を搭載している。裏選出は有利な確率ゲーを絡めた対面選出としているため、「いばる」採用は理にかなったものだと考えている。

裏選出の場合、耐久地面がおもすぎるので「くさむすび」が欲しいところ。

 

f:id:okiyo0328:20160310153748p:plain

ガブリアス @ こだわりスカーフ

特性: さめはだ

げきりん / じしん / ストーンエッジ / ほのおのキバ

183-200-115-x-106-154

いじっぱり A252 S252 D4

 

裏選出の対面構築の地面枠として最後に自然に入ってきた、何の変哲もないガブリアス。表選出の第二のバトンエースともなるヤチェガブリアスメガガブリアスマンムーも一時期試したが、裏選出にはこのもちものの方が使いやすかった。(ちなみに、バトン先としてのマンムーの制圧力はなかなかであったが、一応両壁がある程度認知されているポケモンであるという点が偽装というコンセプトにとって都合が悪い)

4枠目のわざは「ねごと」あたりと選択だが、ほのおのキバでないと困る場面がまれにあった(主にハッサム)ので先人の知恵のとおりほのおのキバのままとした。

 

 

【選出について】

1.表選出 壁バトン展開が可能f:id:okiyo0328:20160310173934p:plainf:id:okiyo0328:20160310174211p:plainf:id:okiyo0328:20160310174226p:plain

2.バトン選出不可能→裏選出f:id:okiyo0328:20160310174343p:plainf:id:okiyo0328:20160310174353p:plainf:id:okiyo0328:20160310174442p:plainf:id:okiyo0328:20160310174459p:plainから3体

 

 【使用感・雑感】

壁バトン自体はイージーウィンを狙える強力なコンセプトパーティであるが、実際はゲームエンドまでの展開を読んで計画的に立ち回る必要がある。ただ、それでもかなり多くのパーティに対してバトンが刺さり、偽装の恩恵としてバトン対策ポケモンも選出されないケースが多く、思惑通りであった。

 

課題

この構築はニャオニクスラティオスなどと異なり、一発耐えて壁を張る以上、初手のポケモンの型によっては壁張り要員が即死するケースがある。

HBに厚く振っており、A194ガルーラのすてみやハッサムの鉢巻バレパンまでは耐えるのでほぼ確実に壁が張れるのだが、

・初手「珠」ゲッコウガのダストシュート(珠以外なら確定耐え)(裏選出でもラムかげうちが重いのでゲンガーで1対1交換を狙いたいほど)

・初手S90以上の早い「珠」ガルドのアイアンヘッド(珠以外なら確定耐え)

・初手メガガルーラの「猫+すてみ」(A194すてみは確定耐えなので「猫+すてみ」の型以外はバシャの起点にできる) (実際ゴツメ警戒してくれることを祈って突っ張るが、意外と何とかなる) ←この構築の欠陥

この3匹に関しては型をお祈りすることになるという点がこの構築の弱さであり、構築を公開した理由の1つ。

もう1点、この構築の弱さは「壁急所」が致命的であるという点である。

先日の真皇杯関西予選2の戦績は4-3という振るわぬ成績であったが、その日は3回壁急所を被っており、負けた3戦のうち1戦は選出ミス、他の2戦は急所によるいわゆる運負けであった。

もちろん急所が負けに直結するようなパーティを選択した私が悪いのだという覚悟の上で使う必要がある。

このようなリスクを負う必要があるというのがこの構築を公開するに至った所以である。

 

 

【最後に】

長文・駄文失礼しました。

特に大きな実績を残した構築でもありませんが、コンセプトに可能性を感じたことは間違いないので、読んだどなたかの構築のアイデアの一助にでもになれば幸いです。ではまた!

 

 

【Reference】

※1) http://tsukajun0622.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

※2) http://borutonogudora.doorblog.jp/archives/37071951.html

 

【ポケモンクイズ】4大学交流会で使用した問題【解答編】

ポケモンクイズ

 

 

okiyo-pokemon.hatenablog.jp

こちら

【ポケモンクイズ】4大学交流会で使用した問題【問題のみ】 - おきよのシェイミEXで焼肉!まったりポケモンブログ

の記事の解答を問題文とコメントを添えてまとめました。 

各問題とも、正解、問題文、コメントの順で載せてあります。

上の問題編の記事を先に見ることをお勧めします。

------------------------------------------------------------------------

お手数ですが下にスクロールしてください

 

 

 

 

 

f:id:okiyo0328:20151222155301g:plain<やあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ------------------------------------------------------------------------

Q1:正解:メェークル

以下のポケモン図鑑の図鑑説明に当てはまるポケモンは何?

人と 暮らすようになった 最初の ポケモンと 言われる。 穏やかな 性格の ポケモン水と 太陽が あれば 背中の 葉っぱで エネルギーが 作れるので エサを食べなくても 平気なのだ。

 

 図鑑説明から出題。問題のポイントは、人にとっての最初の家畜であったという点、背中に葉っぱがあるという点でした。

 

Q2・正解:夜明けの流星群

SCANDALの19枚目のシングル曲であり、

ポケットモンスター XYの映画『ポケモン・ザ・ムービーXY 破壊の繭とディアンシー』主題歌の曲名は何?

 

映画主題歌から出題。昨年のタイトルなので記憶に新しい方も多いかと思います。

 

Q3:正解:コンテストスターリボン

ゲーム『OR・AS』のポケモンコンテストライブにおいて、

マスターランクのすべての部門(かっこよさ、うつくしさ、かわいさ、かしこさ、たくましさの全5部門)で優勝するともらえるリボンは何というでしょう?

 

ゲームのコンテスト問題。コンテストマスターリボン、マスターリボンなどの惜しい誤答もあり、正答率は低めでした。

 

Q4:正解:ホエルオー(えるる)

漫画「ポケモンスペシャル(ルビーサファイア編)」において、サファイアはムロタウンに行く際に何のポケモンに乗って海を渡ったでしょう?

 

1問だけポケスペ問題を混入しました。一応種族名を答えてもらうつもりでしたが,明記はしていなかったのでNNのえるるでも正解です(むしろ完璧な解答)。サファイアはえるるをモンスターボールに閉じ込めるのがかわいそうという理由で海に放し飼い(?)にしていました。

 

Q5:正解:ショータ

アニメXYにおいて、64話からサトシを追いかけるライバルとして登場し、口癖が「経験値頂きました!」である、キモリと共に旅をするこの少年の名前は?

 

最近のアニポケから出題。ライバルとしては珍しい、サトシを目標にするキャラで、割と出番は多いように思われます。

 

Q6:しぜんほごく(自然保護区)

f:id:okiyo0328:20151222135913j:plain

BW2の最後の最後に行ける場所で、忘れている方も多いのではと思い出題しました。飛行機で行ける場所であること、色オノノクスがいる場所であることがヒントでした。

 

Q7:正解:X海峡Y景色

これは何の曲を表しているでしょう?その曲名を答えなさい。(注:①~③でひとつの曲を表しています)

 ①ピカチュウケロマツニャース

 ②デデンネフォッコバケッチャ

 ③ホルビーハリマロンヤヤコマ

f:id:okiyo0328:20151222151705j:plain

一見ひらめきクイズですが、ポケモンが総じてアニメXYのメンバーであること、①~③が曲の1番2番3番であることに気づけばピンと来るはずです。XY初期のEDで、歌詞の頭文字を次々に変えていくという言葉遊びになっており、EDとしては4週おきに1番→2番→3番が順に放送されていました。曲名が出てこなかったようで正答率は低めでした。

 

Q8:正解:はっきんだま・でかいきんのたま

ゲーム『XY』において「終(つい)の洞窟」のジガルデがいる最深部のフロアには4つの道具が落ちているが、

それは「こんごうだま」「しらたま」と他2つは何?

 

ゲームXYの小ネタ。ジガルデのいるフロアの4隅にアイテムが落ちており、ひとつだけ隠しアイテムになっているのですがそれは何かという問題でした。小ネタとして知っていたのか全チーム正解でした。

 

Q9:正解:カンナギタウン

f:id:okiyo0328:20151222140107j:plain

一番記憶に薄いDPPtから町名を出題。この町は壁画こそあれ、そこまでストーリーにかかわってこないため影の薄い街の一つだと思います。

 

Q10:正解:

ゲーム『OR・AS』において、わざ「しんぴのつるぎ」と同じ威力のわざを以下のA~Dの中から1つ選べ。

 

ケルディオの専用わざの威力を問い、ややマイナーな選択肢が並ぶ意地悪な問題でした。せいなるつるぎの威力とは異なる(85)というのが最大のポイントでした。選択肢の威力は次の通り。

 A:「つららおとし」(威力85)

 B:「たたきつける」(威力80)

 C:「クラブハンマー」(威力100)

 D:「コメットパンチ」(威力90)

 

Q11:正解:リラックス

ポケモン図鑑によるとゼルネアスには2つのフォルムがあり、普段は「○○モード」でいるが、戦闘時は角が七色に光る「アクティブモード」になる。○○に当てはまる言葉をカタカナで答えよ

 

意外と知らないゼルネアスの生態から出題です。アクティブの対義語パッシブではないというひっかけ問題のつもりでしたが正答率は高かったです。

 

Q12:正解:

ゲーム『XY』において、バトルハウスの城主であるバトルシャトレーヌ4姉妹の名前・得意とする対戦ルール・衣装の色の組み合わせとして正しいものをA~Dから選べ。

 A:ルスワール  ダブル   赤色

 B:ルミタン    ダブル   黄色

 C:ラジュルネ  トリプル  赤色

 D:ラニュイ    トリプル  黄色

 

クイズに出しやすいバトルシャトレーヌ問題でした。

 

Q13:正解:ラルガタワー

f:id:okiyo0328:20151222142531j:plain

Q14:正解:ジグザグマ

名前に濁点が3つあるポケモンは「ボスゴドラ」や「トドゼルガ」など8種類いますが、濁点が4つあるポケモンは1種類しかいない。そのポケモンは何?

 

ひらめき問題。気づけたらなかなか気持ちいいです。解答時間は長めに取りました。

 

Q15:正解:ポケモンLv.X(レベルエックス)

f:id:okiyo0328:20151222140657j:plain

個人的に出したかったポケカの歴史問題。BREAK進化の前身ともいえるLvXを出題してみました。

 

Q16:正解:ゲン

ゲーム『DP・Pt』において「こうてつじま」を一緒に探索することになり、リオルのタマゴを譲ってくれるこの青年の名前は?

f:id:okiyo0328:20151222154135j:plain

またもやゲームDPPtから、今度は4世代特有のタッグトレーナーを出題。割とマイナーだと思っていましたが全チーム正解で、お見事でした。

 

Q17:正解:ユウジ

f:id:okiyo0328:20151222141417j:plain

かなりの難問でした。チートカイリューの記憶はある方でも何の変哲のない名前を思い出すのに苦労したと思います。少し難しすぎたと反省。1/6チーム正解でした。

 

Q18:正解:ミュウ

以下の【 ??? 】に当てはまるポケモン名を答えよ。

ポケモン3Dアドベンチャー【 ??? 】を探せ!

2005年、「愛・地球博」ささしまサテライト会場内に開園した「ポケパーク」に隣接する映画館「109シネマズ名古屋」でのみポケパークの開園期間中に上映された、世界初のポケモン3D映画のタイトル。

f:id:okiyo0328:20151222154920j:plain

 

Q19:正解:なゆたのけしき

ゲーム『OR・AS』のミナモ美術館にいる芸術家からは100000円で3種類のひみつきち「もようがえグッズ」を購入できる。それは「こくうのむげん」「るてんのわだち」とあと1つは何でしょう?

知らない人がほとんどだと思われる問題ですが、2/6チーム正解でした。脱帽です。

 

Q20:正解:ジラーチ

ポケモンコロシアムの予約特典である拡張ディスクでセレビィを受け取ることができたが、北米版ではセレビィの代わりにとあるポケモンが特典として入手できた。そのポケモンは何でしょう?

f:id:okiyo0328:20151222160054j:plain

 

Q21:正解:シンバラ(教授)

f:id:okiyo0328:20151222142418j:plain

外伝レンジャーシリーズから出題。一応シリーズ全作品に登場した一番偉い人らしい。2/6チーム正解でお見事でした。

 

Q22:正解:プラコロ

1998年にバンダイから発売され、ポケモンを象ったサイコロとわざのエネルギーを決めるサイコロで遊ぶこの画像の玩具をカタカナ4文字で何というでしょう?

f:id:okiyo0328:20151222160213j:plain

懐かしのおもちゃから出題。「これ家にあったわ~!」という声を多く聞けたので満足です。今回のクイズで一番出したかった問題。正解は1/6チーム。おみごとでした。

 

---------------------------------------------------------------------------------

以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

年明けくらいには前々回の同志社京大交流会で出題させていただいた問題もまとめようと思うので期待せずにお待ちください。

 

ではまた!

f:id:okiyo0328:20151222161610p:plain